キャッシングの増枠について

キャッシングを利用するとき、融資できる金額には利用限度額というものがあります。ちなみに利用限度額は、利用する人の属性によっても金額が異なってきます。例えば年収が高い人であったり、勤めている会社のネームバリューが大きい場合などは利用限度額が高くなる傾向があります。一方、他社でも借り入れがあったりすると利用限度額が低くなります。ちなみに初めてキャッシングを利用する人は、大抵利用限度額が低めに設定されています。ですが、きちんと毎月返済を滞ることなく行っていれば、増枠の話しがきます。大体キャッシング会社にもよりますが、半年から1年ほど、遅延することなくきちんと返済していれば、増枠される可能性が高いです。ちなみに、返済が遅れると、信用情報にも影響し、他社で借り入れするときにも不利に働くことがあります。キャッシング会社から増枠に問題がないとみなされると、信販系のクレジットカードなどは、自動的に増枠されます。消費者金融などのキャッシングの場合は、電話などで増枠しませんかという確認の電話がかかってきます。それ以外にも専用のATMを利用したときに、モニターに増額できますがどうしますかなどといった表示がなされ、増額しますの方を押すと、増額されます。増枠は、10万円単位が一般的です。しかし場合によっては、例えば元々信用度が高い人などは、一気に20万円や100万円といった高額な単位で増枠されることもあります。