収入証明が不要なキャッシングとは?

銀行や消費者金融会社でお金を借り入れることができますが、銀行は審査が長くかかるために、消費者金融会社でお金を借りることで手軽に借りることができます。
それは、消費者金融会社のキャッシングは、準備する書類が簡単なものだからです。
まず、自分の身分を証明する運転免許証などの書類が必要になります。
一般的に仕事をしていれば、それだけで50万円程度までは借りることができます。
50万円を超えると収入証明書が必要になるので、50万円以下だと収入証明書が不要です。
銀行や消費者金融会社などでお金を借りることをキャッシングと言います。
キャッシングは通常小口融資のことを指しますが、自分の収入によっては100万円以上の高額な借り入れもできます。
キャッシングの申し込みをする時に、自分の年収を書き込むところがあるために、それから、年収の3分の1までの借り入れの申し込みであれば、審査に通る可能性があります。
もし、3分の1を超えていれば、借りることができる可能な額を担当者が教えてくれます。
また、使用しているうちに、もう少し金額を増やしたいという場合は、増額申請をすることができます。
増額申請では、特に身分を証明する書類などは不要ですが、以前審査した時よりも収入が上がっていれば、借り入れ可能額も上がっている可能性があるために、収入証明書が必要になることもあります。
増額申請はできますが、キャッシング契約するときには、しっかりと返済計画を立てる必要があります。